鳥見@中国地方

ブッポウソウバスツアー

2009・7・11 (土)  cloud

以前から見たいと思っていた鳥、ブッポウソウを見るツアーへ祖父と参加してきました。本当は父か母と行くつもりだったのですが、姉の学校行事と重なったため、祖父と行くことになったのです。祖父は鳥に興味が無いのですが・・・。

バスに乗り込み、配布されたパンフレットを見ていると、ガイドさんが今回のブッポウソウの観察にあたっての注意をお話されました。ブッポウソウはちょうど巣箱で子育ての時期なので、ストレスを与えないように離れて観察・撮影をしようとのことでした。なるほど、鳥にとって僕たちはいいことをするわけではないし、逆に悪いことをしてしまっていることもあります。今まで、ちゃんと鳥たちの気持ちを考えていたかなと考えさせられました。

ブッポウソウのいる岡山県に着くと、早速ガイドさんが「右側にブッポウソウの巣箱がありますよ」と教えてくださいました。しかし、残念ながら僕たちの座っている席は左側です。見えないか・・・と思っていると右側の席の方たちが「いた!!」と叫んだので降りてみることにしました。ガイドさんの指差したほうをみると、なんか飛んでる!!双眼鏡で覗いてみると・・・おお、やったー!ブッポウソウだーー!!飛ぶと翼の白い部分が目立つと聞いていたのですが、本当に目立ってる!!すごいきれい!

とりあえず道の駅でお昼ご飯を食べてブッポウソウを見に行きました。道中、僕だけだったかもしれませんがブッポウソウが飛んでいるところを見ました。ここはブッポウソウが多いのだなと思いました。

そりゃそうです。僕たちが訪れた場所は町全体で電柱に巣箱を掛けて繁殖を手助けしているそうです。いたるところで巣箱を目にしました。ブッポウソウは木の洞や木製の電柱に穴をあけて繁殖するそうですが、最近は木製の電柱が少なくなってブッポウソウの数自体が減っていたらしいです。しかし、保護のおかげでこの町のブッポウソウは増えて有名に。良かったな~。

ブッポウソウの多い地区に来る前、バスから奥の小さな川を見ていると白い鳥が横切りました。

ヤマセミ!

ほかの方もヤマセミに気づいたようで、「あっ!ヤマセミ!」と言っていました。しかし、距離もあったので残念ながらゆっくり見ることはできませんでした。ガイドさんは幼鳥だったと言っていました。

ブッポウソウの多い地区に着くと、ガイドさんがブッポウソウを見つけてくれました。逆光でしたがブッポウソウだとわかることができました。そのあとも次々とブッポウソウを見つけてくださり、僕らが苦労しなくてもスコープにいれてくれます。写真も撮ってくれました。しかもスワロフスキー!一回覗いてみたかった!!覗いてみると・・・うわぁ。おばさんがガイドさんに「操作してもいい?」と聞いていましたが、僕にはできないな。操るのには正直二十年ぐらい早いと思いました。

最後のブッポウソウは巣箱に出たり入ったりしてサービスしてくれました。ずっと見ていると、巣から出た後の止まる場所は決まって電線の上でした。行動のパターンがあるのだなと気づきました。

今回のブッポウソウツアーはどこも遠くからの観察で撮影には向いていませんでしたが、それもブッポウソウのためであって、納得できました。鳥の世界にお邪魔しているのだなと改めて思いました。とても楽しかったです!

Dsc08584_1 Dsc08587_1

| | コメント (78)